太陽星座が過去世に関わる?太陽星座「蠍座」と「火星」の関わりについて。

「過去に聞いた話で恐縮ですが、私が地球を守るために宇宙の敵と火星で闘ったとお話した時、
過去世の真偽についていかがでしょうか?」

というお問い合わせが私の元にありました。

その方は過去世で地球を守るために宇宙の敵と闘ってきたと
霊視を受けて教えてもらった、と。

結論を言えば過去世(エマネーション)というものは存在します。
過去世はいくつもあるし、並行世界で生きているので
宇宙の敵と戦う自分というのもあり得るわけです。

また、過去世でしたことを現世で形を変えてやっているだけ、とも言えますね。

ご相談者の方の太陽星座が蠍座なので「火星」というワードが出たのは道理です。
今回の話ですが、過去世においても太陽星座が関わっているものと推察します。

火星という闘いの星で、地球に仇なすものを迎え撃つ?

蠍座火星01

お問い合わせをくださった方は夢の世界にて火星で戦っており
現世においても夢の中で毎晩、宇宙戦争を繰り広げている、とお話しされていました。

宇宙戦争で何時間もレーザー光線などで大勢の敵に撃たれ、
あまりにも細部までもがリアルな感じで追いかけられ続け、歯軋りがひどく歯がボロボロになったとか。

その結果、霊視ができる霊能力者の方に相談し、エクソシズムしてもらったとか。
そしてなぜ、火星でなければならなかったのか。

火星は占星術においては「闘い」を示す惑星です。

宇宙においてどこを戦場にするか?と言われると、
闘争心のエネルギーが高まりやすい火星で迎え撃つのは道理。

そして、寝れば夢の世界のいくように、人においては22の平行現実があると言います。
そのことによって、人は他の次元に行くことも可能とする、
という理論が成り立つのならば、現状の物理的世界においての意識でなく
宇宙的な意識で火星という場所に降り立つ、というのもある意味、不可能ではないと思います。

現状の物理的世界での自分としての意識が、実は他の次元に行っていることを認識していないだけで。
そして、過去世でしたことを現世で形を変えてやっているだけ、とも言えるでしょう。

だから次から次へと際限なくやってくる、と言っていいのかも知れません。

蠍座の宿命は、やはり「火星」なのか

蠍座火星02

前世(エマネーションともいうのだそうです)は複数あると言いますが、
その方にしてみれば、過去生において火星で宇宙の敵と戦ってきたというのは
複数ある過去生のうちの1つかもしれません。

前世を伺うには高度なチャネリングか、あるいは高度な霊視が可能にするものでしょう。
アカシックレコードのような類のものに、そういうものが書いてあるのでないでしょうか。

加えて相談者の方の場合は、太陽星座が蠍座。
蠍座は旧占星術では火星が支配星、すなわちルーラーとして知られています。

現代占星術では冥王星がルーラーですが、
相談者の方の話を聞くと、蠍座は火星と切っても切れない縁がある、と思わざるを得ませんでした。

火星における宇宙戦争を過去にもやっていたということから
その方の過去世から現世において、火星にご縁があったものと推察します。

蠍座生まれは「戦い」を示す火星をサブルーラーとすることから
ある種、「戦い」というものが人生において付き物でないかと思います。

強い意志で何かを獲得する、繋がる、極めると言ったところが蠍座の性質。
加えて世相における改革や究極的変革を示す冥王星もルーラーになるので
人生を通して「何かを追求する」「何かを変える」ことを突き詰めるのでなかろうかと。
それが肉体世界か、精神世界、いずれであってもです。

冥王星における深淵の世界というのは際限ないものなので、
肉体人生の終わりを迎えるまで「終わりなき旅」になると思います。

その方は人知れず、毎日宇宙の世界で戦っていたと。
蠍座は水サインであり、水サインは愛情や癒し、集団性に溶け込むことをも示せば、
サイキックな才能を示すこともあります。

蠍座星座の強い人はサイキックな面が強いので
そういった意味だと見えない世界の魍魎たちから問題視されており
「狙われている」のかもしれなかったですね。
人生通して「究極的な変革を目指している」ので、尚更でしょう。

蠍座の性質から言って、集団性への統合を示すので
世相的な変革というのも目指すところになっているでしょう。

総括・水サインが強い人は「見えない世界」で人知れず闘っている?

pluto02

物質的な色合いが強い人の方が多いこの世の中は
「見えない世界」を感じない人は、ただただ目の前の日常に流され
宇宙の世界で人知れず闘いがある事実を知らずに終わるでしょう。

かくいう私も宇宙の世界で闘いが起きていることをつゆ知らずなのですが…。

宇宙の世界は、この世界の理からすると、まるで物事の裏側のような扱いですが
こうした世界で地球に牙を向ける輩と闘ってらっしゃる方々のおかげで
地球が守られている、と考えると。感慨深いものがあります。

こうした物事の裏側で人知れず闘っている方がいらっしゃるということで
除霊師のような役目を持つ人が必要不可欠だと
改めて感じざるを得ませんでした…。

この記事を書いた人